Blog sample using WordPress

山路やまみちを登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかく兎角に人の世は住みにくい。
住みにくさがこう高じると安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、絵ができる。
人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向こう三軒両隣りにちらほらする唯の人である。唯の人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお猶住みにくかろう。

travel_b越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、くつろげ寛容て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世をのどか長閑にし、人の心を豊かにするが故にたっと尊い。
住みにくき世から、住みにくきわずらいを引き抜いて、ありがた難有き世界をまのあたりに写すのが詩人である。画である。あるは音楽と彫刻である。こまかに云えば写さないでもよい。只まのあたりに見れば、そこに詩も生き、歌も湧く。